2011年11月6日 第52回 CITYKART CUP 2011 リザルト

御協賛:ビレルパシフィック
住友ゴム工業株式会社(DUNLOP)
日本サン石油株式会社(SUNOCO)
EIKO
バンダイ

●タイムアタックチャレンジクラス

順位 名前 1回目 2回目 3回目 平均タイム
1 竹原 潔 38.261 36.881 36.740 37.294
2 藤井 大輔 38.653 37.023 36.645 37.440
3 田中 渉 38.295 37.854 37.078 37.742
4 小澤 洋一 38.254 37.801 37.191 37.749
5 染谷 崇文 38.271 38.183 37.325 37.926
6 鈴木 英明 38.142 38.005 37.931 38.026
7 迫 忠士 38.428 38.777 37.011 38.072
8 生月 拓 39.214 37.671 37.393 38.093
9 大和 宣明 38.578 37.585 38.153 38.105
10 吉田 吉克 39.215 37.817 37.625 38.219
11 渡辺 泰輝 37.747 38.912 38.257 38.305
12 荒田 真 38.048 38.241 38.909 38.399
13 浅沼 拓実 38.824 39.180 37.406 38.470
14 パル 39.234 38.381 38.766 38.794
15 菅原 孔一 40.728 39.018 38.349 39.365



今年最後のCKカップは終日小雨のコンディションでしたが、
各クラスとも熱戦が繰り広げられました。15名参加のチャレンジクラスは
小雨の強弱のタイミングにも味方され竹原さんが優勝。
2位は藤井さん、3位は田中さんでした。


●タイムアタックチャンピオンクラス

順位 名前 1回目 2回目 3回目 平均 前回 体重 結果
1 西脇 真哉 37.480 36.216 37.020 36.905 0 -0.4 36.505
2 桂 雄介 36.847 37.545 37.011 37.134 0 -0.1 37.034
3 重富 英和 36.139 37.818 36.215 36.724 0.4 0 37.124
4 片山 健三 36.953 37.522 38.629 37.701 0 -0.5 37.201
5 藤井 康輝 36.946 36.241 38.497 37.228 0 0.1 37.328
6 石川 新一 36.410 37.625 36.766 36.934 0.2 0.2 37.334
7 真弓 貴 37.809 37.234 37.419 37.487 0 -0.1 37.387
8 説田 康時 37.140 37.093 39.218 37.817 0 -0.1 37.717
9 小川 貴史 38.541 37.387 37.822 37.917 0 0 37.917



9名参加のチャンピオンクラスは西脇さんが安定したタイムを
刻み優勝。2位は桂さん、3位は重富さんでした。


●1時間耐久レース

総合順位 グループ順位 チーム名 メンバー ハンデ 周回数
1 A1 風来旅団withとおる 桂 雄介 0 90周
西脇 真哉
真弓 貴
2 B1 マックスファクトリーレーシング 小澤 洋一 0 87周
大和 宣明
布宮 一
3 A2 Tommy's 重冨 英和 0 90周
浅沼 拓実
鈴木 英明
4 B2 激走カート 荒田 真 0 84周
亀川 悦男
生月 拓
宮永 貴裕
竹原 潔
5 A3 風来旅団withこずえ 片山 健三 0 89周
田中 渉
藤井 大輔
パル
6 B3 100年安心関税0% 迫 忠士 0 84周
説田 康時
河田 雅己
渡辺 泰輝
吉田 吉克
7 A4 ソメドッグ 石川 新一 0 88周
藤井 康輝
染谷 崇文
8 B4 JTB 橋本 潤 0 83周
大谷 文土
小川 貴史



8チーム参加の1時間耐久レース。
A組のレース中盤に1台エンジンブロー車両が発生し
路面がオイルで滑りやすい状況となりました。
そんな悪コンデョション中、風来旅団withとおるがトップでチェッカー。
B組走行時も路面状況があまり変わらず
A組とB組のトップの周回数の差が3周あったので
今回もコンディションが異なるケースとして扱い、
総合1位はA組1位の風来旅団withとおる。
総合2位はB組1位のマックスファクトリーレーシング。
総合3位はA組2位のTommy'sとなりました。


また、11月26日、27日につま恋で開催されるN35日本一決定戦に
参戦するチームがすべて決定されました。
前回決定済みのぽっちゃり3兄弟とFULL SPEC RACINGの2チームに
加えて、今回参戦決定したチームは次の4チームとなります。

風来旅団withとおる
マックスファクトリーレーシング
風来旅団withこずえ
ソメドッグ