2004年3月28日 第20回 CITYKART CUP 2004 リザルト

御協賛:九十九電機株式会社
住友ゴム工業株式会社

●タイムアタックチャレンジクラス

順位 名前 1回目 2回目 3回目 平均タイム
1 松本 健史 32.506 32.367 32.074 32.316
2 田村 明 32.844 32.387 32.064 32.432
3 川田 有一郎 32.662 32.714 32.025 32.467
4 島 大輔 33.024 32.208 32.439 32.557
5 大野 修 32.699 32.686 32.344 32.576
6 勝又 健二 32.032 32.796 33.014 32.614
7 若野 友一郎 33.652 32.642 32.617 32.970
8 田中 渉 32.927 33.654 32.743 33.108
9 松浦 裕也 32.780 33.331 33.566 33.226
10 岡田 裕子 33.632 32.852 33.198 33.227
11 片山 健三 32.805 32.897 34.053 33.252
12 新井 励 33.712 32.435 33.665 33.271
13 古田 健二 33.983 32.867 33.152 33.334
14 岡田 有加子 33.323 33.648 33.181 33.384
15 霜田 こうじ 33.388 33.058 33.818 33.421
16 藤井 大輔 32.791 33.672 33.953 33.472
17 小原 鷹信 33.749 32.986 34.576 33.770
18 高橋 優二 33.901 34.417 34.552 34.290


タイムアタックチャレンジクラスは松本さんが
念願の優勝を決めました。
2位が田村さん、3位が初参加の川田さんでした。

●タイムアタックチャンピオンクラス

順位 名前 1回目 2回目 3回目 平均 前回 体重 結果
1 今井 健蔵 31.525 31.133 31.599 31.419 0 0.3 31.719
2 藤高 信博 32.245 31.992 31.600 31.946 0 -0.15 31.796
3 重富 英和 31.579 31.421 31.940 31.647 0 0.15 31.797
4 知久 裕充 31.870 31.742 32.250 31.954 0 -0.15 31.804
5 樫山 浩二 32.076 32.257 31.956 30.519 0 -0.15 31.946
6 神山 仙光 32.633 32.158 32.046 32.279 0 -0.3 31.979
7 石井 康司 32.129 31.804 32.227 30.306 0 0 32.053
8 迫 成幸 32.736 32.104 31.885 32.242 0 -0.15 32.092
9 大熊 彰人 32.369 32.080 31.774 32.074 0 0.15 32.224
10 宮内 幸司 32.026 32.206 31.958 32.063 0 0.3 32.363
11 奥村 保氏 32.199 32.359 32.493 32.350 0 0.15 32.500
12 荻野 道子 32.397 32.549 32.230 32.392 0 0.6 32.992


タイムアタックチャンピオンクラスは、現コースレコードホルダーの
今井さんが見事優勝。2位は藤高さん(表彰式は都合により欠席)、
3位は重富さんが僅差で入りました。

●1時間耐久レースExcel形式ラップデータ

順位 チーム名 メンバー ハンデ 周回数
1 そばフィッシングHONDA 飯田 宏之 0 111
伊藤 研吾
樫山 浩二
今井 健蔵
2 王様チーム 神山 仙光 0 111
迫 成幸
森田 陽康
3 Tommy's@kartoff♪ 重富 英和 0 111
古田 健二
大野 修
4 女王様チーム 荻野 道子 0 109
田辺 里絵
勝又 健二
5 風来旅団withかなめ 奥村 保氏 0 108
藤井 大輔
片山 健三
新井 励
田中 渉
6 チーム大名 石井 康司 0 106
大熊 彰人
宮内 幸司
岡田 裕子
7 T-STYLE 東山 直人 0 106
星久保 純一
長谷 貴之
8 あらモード 小原 鷹信 0 104
若野 友一郎
島 大輔
松浦 裕也
9 くりちゃZUけ 霜田 こうじ 0 99
松本 健史
田村 明
10 ddd 白井 大 0 98
栗澤 衛
藤高 信博


1時間耐久レースは今回も3位まで同一周回数の接戦でした。
前半グループでトップを疾走中のdddはメカトラブルで無念の後退。
くりちゃZUけもトラブルでピットストップ。そんな中、安定したタイムで
走行したそばチームが見事に優勝、2位は王様チーム、
3位がTommy'sチームでした。