2002年11月23日 第14回 CITYKART CUP 2002 リザルト

御協賛:住友ゴム工業株式会社

●タイムアタックチャレンジクラス

順位 名前 1回目 2回目 3回目 平均タイム
1 大熊 彰人 32.384 32.522 32.261 32.389
2 松本 健史 32.523 32.296 32.624 32.481
3 大野 修 31.997 32.329 34.064 32.797
4 浅野 潤ニ 32.183 32.621 33.849 32.884
5 星久保 純一 33.053 33.008 32.754 32.938
6 島 大輔 33.120 33.268 32.655 33.015
7 横山 浩ニ 32.962 32.696 33.437 33.032
8 若野 友一郎 32.809 33.094 33.317 33.073
9 佐鳥 隆志 33.154 33.231 32.943 33.109
10 上野 晃 32.341 32.447 35.003 33.264
11 勝又 健二 33.005 32.469 34.418 33.297
12 長谷 貴之 32.747 32.274 35.194 33.405
13 田中 智晃 33.847 33.204 33.494 33.515
14 福地 淳郎 32.891 32.772 35.308 33.657
15 上條 博之 33.838 33.890 33.628 33.785
16 飯田 宏之 32.680 33.067 35.694 33.814
17 斉藤 雅規 33.262 33.454 35.726 34.147
18 能美 善明 33.689 33.443 35.544 34.225
19 岩本 まさき 34.805 33.615 35.144 34.521
20 奥村 保氏 34.188 33.953 35.600 34.580


優勝はCKカップ初参加の大熊さん。小雨がぱらつくコンディション
のなか、3本とも安定したタイムを刻みました。2位と3位には上位入賞
常連の松本さんと大野さんがそれぞれ入りました。

●タイムアタックチャンピオンクラス

順位 名前 1回目 2回目 3回目 平均 前回 体重 結果
1 石井 康司 31.637 33.232 37.547 34.139 0 0 34.139
2 知久 裕充 32.445 32.361 39.338 34.715 0 +0.15 34.865
3 田辺 里絵 33.449 33.915 36.801 34.722 0 +0.3 35.022
4 今井 健蔵 32.739 33.368 37.795 34.634 +0.1 +0.3 35.034
5 重冨 英和 32.912 37.129 37.148 35.730 0 +0.15 35.880
6 小田嶋 美佐子 33.418 35.691 37.798 35.636 0 +0.6 36.236
7 樫山 浩二 34.135 36.548 38.918 36.534 0 -0.15 36.384
8 土屋 友則 34.243 37.811 36.269 36.108 +0.2 +0.15 36.458
9 棚町 直美 34.497 35.238 37.994 35.910 0 +0.6 36.510


チャンピオンクラスは走行クラスにより路面コンディションが
大きく変わりました。タイミングよく走行して優勝したのは
CKカップに久しぶり登場の石井さん。2位はドライ路面でタイムを
まとめた知久さん、3位は女性ドライバーの田辺さんが見事に表彰台
をゲットしました。

●1時間耐久レース

順位 チーム名 メンバー ハンデ 周回数
1 都民ズ 重冨 英和 0 98
大野 修
石井 康司
2 女王様 田辺 里絵 0 98
勝又 健二
伊藤 研吾
知久 裕充
3 あら?モード 小原 鷹信 0 96
島 大輔
若野 友一郎
4 仙樹庵 鶴田 真 0 95
藤田 博和
宍戸 康雄
5 蕎麦レーシングHONDA 樫山 浩二 13秒 94
飯田 宏之
今井 健蔵
6 ddd 白井 大 0 94
初沢 和浩
櫻澤 宏
栗澤 衛
7 T-STYLE 横山 浩二 0 94
能美 善明
斉藤 雅規
8 トッキーランド 春木 敏哉 0 94
春木 吉晴
田中 智晃
9 APKレーシング 福地 淳郎 0 94
長谷 貴之
星久保 純一
久保田 建一
10 くりChaZUけ 松本 健史 0 92
佐鳥 隆志
栗田 千秋
大熊 彰人
11 Mパワー 岩本 まさき 0 90
浅野 潤ニ
松本 としみつ
12 チーム上野和裁 上野 晃 0 89
古尾谷 一心
青木 邦徳


1時間耐久レースも天候に翻弄されてしまいました。第1ヒートの後半から
雨足が強くなりだし、第2ヒートのスタート時点では本降りに。終了間際にまた
雨はあがりましたが、路面は終始ウエットのまま。結局第1ヒートを走った上位
3チームがそのまま総合成績になりました。第2ヒートの1位争いで激しい
バトルをした蕎麦レーシングとdddがそれぞれ5位と6位に入りました。
皆さん、寒さの中たいへんお疲れ様でした。