2002年9月23日 第13回 CITYKART CUP 2002 リザルト

御協賛:住友ゴム工業株式会社

●タイムアタックチャレンジクラス

順位 名前 1回目 2回目 3回目 平均タイム
1 棚町 直美 33.042 32.681 32.361 32.695
2 大野 修 32.573 33.556 32.918 33.016
3 飯田 宏之 32.805 33.420 32.948 33.058
4 田中 恵司 32.823 33.138 33.401 33.121
5 勝又 健二 33.298 33.394 32.688 33.127
6 松本 健史 33.259 33.208 33.103 33.190
7 須藤 尚彦 33.280 33.306 33.121 33.236
8 福地 淳郎 33.063 33.136 33.535 33.245
9 横山 浩 33.570 33.106 33.170 33.282
10 星久保 純一 33.030 33.318 33.552 33.300
11 林 光史 33.045 33.550 33.553 33.383
12 島 大輔 33.881 33.149 33.224 33.418
13 斉藤 亮一 33.341 33.466 33.504 33.437
14 佐鳥 隆志 33.745 33.690 33.188 33.541
15 春木 敏哉 33.435 33.348 33.944 33.576
16 下田 通夫 33.603 33.642 33.713 33.653
17 芝 光一郎 34.314 33.817 33.353 33.828
18 田中 智晃 33.661 34.447 33.583 33.897
19 若野 友一郎 34.422 34.054 33.632 34.036
20 大村 慎一 35.674 34.624 34.346 34.881


前回に続き定員20名のエントリを集めたチャレンジクラス。
優勝は今回が初参戦の棚町さん。普段は他のレンタルカート
コースで走られているそうです。デビューウインおめでとう
ございました。

●タイムアタックチャンピオンクラス

順位 名前 1回目 2回目 3回目 平均 前回 体重 結果
1 土屋 友則 33.662 32.664 32.335 32.887 0 +0.15 33.037
2 今井 健蔵 33.200 32.799 32.352 32.784 0 +0.45 33.234
3 神山 仙光 32.869 33.714 33.130 33.238 +0.2 -0.15 33.288
4 田辺 里絵 33.158 33.765 32.267 33.063 0 +0.3 33.363
5 野澤 静 32.738 32.821 33.679 33.079 0 +0.3 33.379
6 重冨 英和 33.407 32.663 33.432 33.167 +0.1 +0.15 33.417
7 長谷 貴之 33.229 32.983 33.722 33.311 0 +0.15 33.461
8 樫山 浩二 34.292 33.437 33.153 33.627 0 -0.15 33.477
9 久保田 建一 33.245 33.999 33.036 33.427 0 0.6 34.027


チャンピオンクラスもCKカップ初出場の土屋さんが優勝です。
2位には今井さん、3位には前回優勝の神山さんが入りました。

●1時間耐久レース

順位 チーム名 メンバー ハンデ 周回数
1 蕎麦レーシング 樫山 浩二 0 108
飯田 宏之
今井 健蔵
栗本 鉄平
2 ddd 白井 大 0 108
初沢 和浩
櫻澤 宏
3 王様チーム 神山 仙光 13秒 108
迫 成幸
太田 光紀
4 都民ズ 重冨 英和 0 107
黒川 博光
大野 修
須藤 尚彦
5 トッキーランド 春木 敏哉 0 107
久保田 建一
田中 智晃
6 T-STYLE 星久保 純一 0 107
横山 浩二
長谷 貴之
7 女王様 荻野 道子 0 107
田辺 里絵
勝又 健二
8 ちゃZUけ 松本 健史 0 106
佐鳥 隆志
栗田 千秋
9 CrazyWagonist 福地 淳郎 0 105
溝口 博之
下田 通夫
10 あら?モード 小原 鷹信 0 104
加藤 優
岡田 有加子
島 大輔
11 仙樹庵 鶴田 真 0 104
藤田 博和
井高 良将
宍戸 康雄
12 チームLet'sGo 田中 恵司 0 100
堀地 俊之
大久保 雅行


1時間耐久レースも定員一杯の12チームに参加
いただきました。2ヒート目途中小雨が降りましたが
タイムに影響が出るほどでもなく、上位3位が同一ラップ、
4位から7位までも1周遅れの同一ラップという、まれにみる
接戦でした。2ヒート目でトップを快走していた女王様は
なんと最終ラップでメカトラブルが発生してしまい、惜しくも
表彰台を逃してしまいました。