シティカート2006キッズカートレース第5戦リザルト(2006年12月10日)
ご協賛:ブリヂストン シルクロード トレンタクワトロ東京 KRP 栄光
デビュークラス 参加台数10台
順位 氏名 TT順位 TTタイム 予選順位
1 谷中田 翔太 2 39.720 2
2 浅野 正睦 4 40.629 3
3 岡野 優太 3 40.500 4
4 大下 沙偉 1 39.345 1
5 藪下 竜也 5 42.363 5
6 青木 佑太 6 42.840 6
7 白井 翔万 8 44.670 8
8 開 菜々子 7 43.520 7
9 関口 晴天 9 48.986 10
10 小林 玲 10 64.055 9


参加台数10台のデビュークラス。TT、予選1位の
大下選手は決勝スタート直後に痛恨のスピン。
ハイペースな追い上げも残念ながら4位まで。
谷中田選手がそのまま逃げ切り優勝。
2位には浅野選手、3位には岡野選手が入りました。

ノーマルクラス 参加台数10台
順位 氏名 TT順位 TTタイム 予選順位
1 茂呂 一登 2 38.893 2
2 古関 風眞 1 38.597 1
3 大川 太郎 3 39.801 6
4 谷中田 翔太 5 40.260 3
5 富永 悠太 6 40.331 5
6 西野 正浩 4 39.815 4
7 大下 沙偉 7 41.498 DNF
8 開 菜々子 10 43.682 9
9 仕黒 勝也 8 42.118 8
10 青木 佑太 9 42.355 7


参加台数10台のノーマルクラス。ランキングトップ
の古関選手がTT、予選ともにトップ。決勝スタートで
タイミングよくトップに立った茂呂選手が嬉しい優勝。
古関選手はスタートで順位を落としましたが、
危なげなく2位まで上がり見事にノーマルクラス
チャンピオンを決めました。

アミ ゴンクラス 参加台数12台
順位 氏名 TT順位 TTタイム 予選順位
1 木村 航洋 1 39.285 1
2 鈴木海南斗 3 39.360 3
3 渡辺 研吾 4 39.558 2
4 長島 大起 2 39.326 7
5 鈴木 舞波 8 41.482 5
6 高橋 岬生 10 41.925 9
7 関口 大耀 9 41.895 11
8 松下 永久 6 40.883 6
9 花渕 嶺 7 41.229 10
10 中里 明男 12 - 8
11 高橋 海里 5 39.803 4
12 大崎 駿 11 45.671 12

アミゴンクラスは過去最高の12台がエントリー。
鈴木海南斗選手が前戦でチャンピオンを決めて
いますが、5連勝を誰が阻止できるか注目の一戦。
TT1位はこのところ好調な木村選手。鈴木選手
は僅差ながら3位。予選では2位争いをしていた
鈴木選手と長島選手が接触。両者順位を落として
しまいました。続く決勝はポール木村選手とスタートで
2位に上がった鈴木選手の一騎打ち。何度か順位を
入れ替えましたが、最終ラップにトップを守りきった
木村選手が見事な初優勝。3位には渡辺選手が
入りました。

NFクラス 参加台数7台
順位 氏名 TT順位 TTタイム 予選順位
1 古関 風眞 1 39.396 1
2 西野 正浩 4 40.417 3
3 富永 悠太 3 40.038 2
4 仕黒 勝也 7 42.192 DNS
5 浅野 正睦 5 40.634 5
6 岡野 優太 6 41.582 4
7 茂呂 一登 2 40.026 DNF

古関選手と富永選手がシリーズポイント同点1位
で迎えたNFクラス。TTは古関選手が39秒台の
ダントツの1位。予選ではスピンで途中順位を
落としましたが最後はトップでチェッカー。決勝も
危なげなくトップを快走して優勝。ノーマルクラス
に続いて見事ダブルタイトルを決めました。
2位は西野選手、3位は決勝フロントローからの
スタートもペースがなかなか上がらなかった
富永選手でした。